注意力などが足りなくて交通事故を起こしてしまった経験談

今まで2回車での事故を起こした経験がありますが、どちらも場所は交差点です。起こした事故は2回とも、いわゆる「オカマ」と呼ばれる前方の車の後ろに追突しました。
1回目の事故は昼間で2回目の事故は朝の通勤時でした。完全に私が悪かったので10:0の割合での負担でした。

ケガの程度は、お互い何もなく念の為に相手の方に病院に行ってもらいましたが大丈夫でした。
むち打ちなどもなかったので、お互い通院する事もなく治療も行わずに済みました。

1回目の事故は、どういう対応をすればいいのか分からず身分証明書だけを見せて自宅に戻り、家族に相談して改めて相手の方と一緒に警察での事故対応をしてもらいました。相手の方はとても良い人で助かりました。保険会社は知人を介して加入していたので、対応はとてもスムーズでした。

特にもめた点もなく、1回目の事故を起こした時の相手の方は「気にしなくていい」と言って下さって警察への連絡もしなくていいと言って下さったのですが、けじめをつける為に同行してもらいました。2回目の事故の時は相手の方の対応がとても素早く、すぐに警察に連絡して下さったのですが相手の車の損傷が少し大きくて保険会社との話はスムーズではありましたが、支払い額も大きくて保険料も上がってしまい家族に迷惑をかけてしまいました。

幸い相手の方との話し合いでもめた点は1つもありませんでした。示談はせずに、保険会社を通して相手の方との対応をしました。

1回目の事故の時は父が自宅から離れていた為、母に相談しました。母だけでは判断が難しく幼馴染のお母さんとも相談して相手の方との連絡を決めました。

もし相談できるのであれば、こういった衝突事故を起こしてしまった時の状況を説明して自分にどの位の過失があるのか、または相手に過失はあるのかといった事を相談してみたいです。他には例えば保険料に関する質問もしてみたいです。事故に対しての知識がおぼつかないので聞ける事は思いつく限り聞いてみたいと思います。

1回目の事故を起こした直後の自分に対しては「眠い時には運転はするな」「交差点で信号が赤だからと言って気を抜くな」とアドバイスしたいです。眠気で一瞬の居眠りのせいでオートマチック車独特のクリープ現象が発生してしまったので、これに関しては自分に厳しく言いたいです。2回目の事故に関してのアドバイスは「前の車が動いたからといって自分も同じように動かない事」と「対向車をしっかり見る事」これに尽きます。前の車が動いたので自分もアクセルを踏んで進んだらスピードを上げた対向車がいたので、前の車が止まった事に気づかず自分は進んでしまった為に起こった事故だったので、注意力が足りなかったととても反省しています。そんな自分に言いたい事は「運転をする時は、きちんと責任を持って周りの状況を判断する事」です。

また、事故に遭った際は、自分だけで対処するのではなく、弁護士などの専門家に相談をあおぐようにした方がよいと思います。

交通事故アスク|交通事故の専門家検索、悩みの相談ができるサイト